相手のために別れるということは、本当に正しいことなのか。

      2017/09/19

こんにちは、愛です。

最近、恋愛面でいろいろなことがあり、あることについて考える機会があったので今日はそのことを記事にしたいと思います。

単刀直入に言うと、相手のために別れるという選択はありなのか、なしなのかって話なのですが、みなさんは相手のために別れるという選択をしたことがありますか?

また、その選択はありだと思いますか?

私は、相手のために別れるという選択ができるほど強い人間なのですが、改めてその選択肢はできる限り選ばない方がいいと思いました。

仕方ない場合もあるかもしれませんが・・・

しかし、今回そんな選択をしなければいけないかもというような出来事がありました。

今回の私の体験談を例に書いていきます。



<スポンサーリンク>

事の発端は・・・

私たちはもともとべたべたカップルなのですが、なんだかそれが当たり前になっていて、彼のありがたみを私が感じなくなっていました。

先日実家に帰ったときも彼のことが全然気にならなくて、「案外彼がいなくても平気なのかも?」とか考えていました。

今思えば、普段彼がたくさん愛情をくれるからそれだけ余裕ぶっこいていられたのに、大馬鹿ものな私は、「自立した女になった」と勘違いをしていたのです。

そこで私は、こちらに帰ってきてから彼に「私、実家に帰ったときあまりあなたのこと頭になかった。今までみたいなべたべたな感じはやめよう。これからは一緒に生きていくパートナーとして一緒にいよう」というようなことを言ったのです。

実際はこんなにドライな感じではなく、もう少し深刻な感じで言ったのですが・・・

彼はそのときは、わかったと言ってくれて数日間なにげなく過ごしていました。

しかし、思っていたよりも彼がよそよそしくなってしまって、私の方がだんだんと寂しくなっていきました。

自分から切り出したのに本当に身勝手な女である。

よそよそしくなる彼にだんだんと不安になっていき、「ねぇ、やっぱり寂しい。私今まであなたが愛情いっぱいくれていたから余裕ぶっこいていられた。勘違いしてた。あんなこと言ってごめんなさい。」と謝ったのです。

(文章にするとはずかしい(笑))

しかし、「実家に帰っているときに俺のこと頭にないとかまで言って、今度はやっぱり寂しいってさすがに身勝手じゃないかな・・・」と言われました。

当然である。

これまでも私の方が振り回してばかりで、そのたびに合わせてくれていた彼だったのですが、今回初めてこのように言われて、取返しのつかないことをしてしまったと感じました。

彼は、私に「私、実家に帰ったときあまりあなたのこと頭になかった。今までみたいなべたべたな感じはやめよう。これからは一緒に生きていくパートナーとして一緒にいよう」と言われたときにショックだったけど、私がそういうならとそういう方向にシフトするようにしていたそうです。

なので、「今更そんなことを言われても、俺はそういう方向にシフトするようにしてきたし、少し気持ちが冷めかけているから前みたいには戻れない。」と言われました。

今まで、自分にぞっこんだった人にそう言われて、本格的に自分の発言を後悔し始めました。

ここまで焦って、初めて自分は彼がいないとダメだということに気が付いたのです。

彼も完全に私のことが好きじゃなくなったわけではなく、「前ほど好きではないけど、好きという気持ちはあるし、すぐに別れるという選択はできない。」という状態でした。

相手のために別れることは、本当に正しいことなのか

この話が、どう「相手のために別れるという選択はありなのか」という話につながるのかというと、始めは

 

今までもさんざん相手のことを振り回してきて、今回このような形で彼を傷つけ、これ以上自分と付き合っていても彼は不幸になるだけではないのか?

それだったら、彼のことが好きでも彼を解放してあげたほうが彼のためになる。

彼のために別れた方がよいのかも。

 

という風な考えに至りました。

好きだけど別れたほうがよいパターンっていっぱいありますよね。

相手か自分に完全に気持ちがなくなってしまったとき

遠距離恋愛になってしまうとき

いろいろあると思います。

でも、相手のために別れた方がいいのって相手か自分に完全に気持ちがなくなったときくらいしか選択するべきではないと思ったのです。

お互いに気持ちがあり、付き合い続けるきがあるのなら大抵のことは歩み寄り次第で乗り越えられる。

今回のことに関して言えば、このまま彼のためにと思って別れてしまったら私はただ彼を振り回し、傷つけただけで終わってしまいますし、彼のことが本気で好きで、彼も少しでも自分のことを好きでいてくれるのなら、これからは今まで以上に彼を愛して、彼にもう一度以前のように好きになってもらう努力をするのが彼に対する愛情だという結論にたどりつきました。

ただの自分語り記事になってしまいましたが、自分なりに考えが着地し、今回のこの気持ちや経験を忘れたくないと思い記事にしました!(笑)

最後まで見ていただきありがとうございます。

 - 恋愛