【実体験】こんな恋愛テクニックは間違ってる!【男性編】

      2017/09/19

こんにちは、愛です。

 

関東に引っ越してきてから、あまり話したことのない中学の同級生(男性)と飲みに行く機会があったのですが、それがある意味充実した時間だったので、今日はその時のことを書いていきたいと思います。



<スポンサーリンク>

 

全然仲良くない中学の同級生からFacebookを通してメッセージが届く

まず、そもそも連絡先を知らなかったので、初めて連絡がきたのもFacebookのメッセージからでした。

それくらい全然仲良くない(笑)

私が、プロフィール欄の居住地を関東に変更したのを見て連絡をくれたらしい(彼は数年前から関東住)。

 

「こっちに引っ越してきたんだねー。よかったら今度飲みに行かない?」

 

とメッセージが来ました。

珍しいなと思いつつもこっちにまだ友達いなかったし、暇だったので承諾することに。

間違った恋愛テクニック攻撃にあいました

渋谷で落ち合うと彼が店を予約していてくれたみたいなので、ついていきました。

 

ついてみると少し騒がし目のオシャレな居酒屋でした。

カウンターの席に案内されたところまではよかったのですが、話していくうちにやたらと「わかるよ~」とか「俺たち似てるね~」と共感を強要してくるのです。

ちなみに顔も性格も状況も全然似ていない。

 

そして、彼が私の椅子の背もたれに腕を回し始めたのです。

距離もだんだんよってくるし内心『気持ち悪いな』と思いつつもそんなに仲良くなかったので突っ込むこともできずにさりげなく離れることしかできませんでした。

 

なんかもやもやした気分のまま2件目も予約していたらしく、2件目の店へ向かう。

 

ついてみると高層ビルで、エレベーターに乗ってやたらと上の階まで行くと夜景が見えるオシャレなバーに着きました。

 

この時点で確信したのです。

 

こいつ私をおとしにかかってる。

 

はっきり言って彼のことは顔も性格もタイプではない。

私的には完全に友達のつもりで誘いに乗ったのにこの仕打ちである。

この時点で帰りたくなりました。

 

ウエイトレスが席に案内してくれたのですが、夜景の見えるカップルシートでした。

 

このときから嫌悪感が怒りに変わる。

 

なるべく夜景をみないよう、なるべくムードを壊すように時間を過ごしました。

終盤に差し掛かったときに彼がウエイトレスになにかを注文しにいったのです。

しばらくすると、私の好きなマスコットキャラクターと花火が刺さったプレートデザートがでてきました。

 

たしか『今日は遊んでくれてありがとう』みたいなメッセージも書いてあったかな。

 

とりあえず「えーすごい(棒)」とは言うけど、内心『何してくれてんねん!』と怒りが込み上げました。

 

そんなこともつゆ知らず彼は満足気。

 

帰りにウエイトレスにスマートにお礼を言っている姿にすらイライラしてしまった。

 

下に降りると週末の渋谷だったので、人がわんさかいました。

彼が「人も多いし手でもつなごうか」とわざとらしい流れで手を握りかけましたが、さすがにそれは拒否。

 

数日後に今度は「池袋におもしろそうな水族館みつけたから今度一緒にいかない?」とURL付きでLINEがくるも当然スルー。

きっと彼的には渋谷での飲みは大成功だったのでしょう。

そういえば渋谷の飲みのメッセージを送ってきたときもURL付きだった。

それくらい丁寧なんでしょうけど、完璧さをアピールされているようでひいてしまいます。

 

スルーしたにも関わらずまた数日後に「水族館嫌だった?じゃあここは?」みたいなLINEが来るも当然スルー。

 

するとまた数日後に「30分お茶するだけでもだめかな?この間ごはんいったとき楽しかったし・・・(略)」と結構な長文メールが。

 

メンヘラやんけ。

 

今までもダメなところいっぱいあったけど重たい長文メールは一番やっちゃダメよね。男も女も。しかもただの同級生に。

それやっちゃったら確実に次はもうないのだ。

 

今回のドン引きポイント

 

恋愛マニュアル本に書かれているようなわざとらしい共感

親しくない異性の背もたれに腕を回す。

親しくない異性にムードを強要する。

サプライズケーキ

こっちは恋愛対象外なのに手を繋ごうとしてくる

こっちは楽しんでいないにも関わらず再び誘ってくる

スルーされるも連投

重たい長文メッセージ

 

恋愛マニュアル本に書かれているようなわざとらしい共感

「わかるよ~」「俺たち似てるね~」という言葉を頻繁に使ってきましたが、正直わざとらしくて違和感しか感じないのです。

全てにおいてそうなのですが、恋愛マニュアル本通りな感じがしました。

よく「女性は共感してくれる人が好き」とか「自分に似てると親近感がわく」とか書かれていますが、それは、相手の女性が感じることであって無理やり感じさせるものではないのです。

 

親しくない異性に異性を感じさせる行為

背もたれに腕を回してきたり、ムードを強要してきたり、サプライズケーキを出してきたり、手を繋いできたりというような行為は、相手も自分に対して好意がある場合に成立するものなのです。

すくなくともあまり親しくない異性にはやるものではない。

 

重たい長文メッセージ

LINEの連投など重たい行為は男性も女性も嫌います。

彼の中では「完璧にこなしていてうまくいっていたはずなのになんで?」という気持ちかもしれませんが、こっちからしたら「なんでそんなにしつこいの?」としか思わない。

 

まとめ

モテない人は自分のことしか考えてない!!

上記に挙げたことをまとめると「この人とこうなりたい」という一方的な願望が強すぎて、それを相手に押し付けているだけ。

相手は自分のことをどう思っているかなんておかまいなしなのだ。

 

恋愛に絶対成功する方法なんて存在しない

「こうすれば異性を落とせます!!」みたいなマニュアルも間違ってはいないけれど、いくらそれ通りにしたって好きになれない人はなれないから、恋愛に必ずしも成功する方法なんてないのです。

逆に何したって好きになる人は好きになるし、人の気持ちはマニュアルでどうにかなるほど簡単なものじゃない。

 

私が反省したこと

このことで私が反省しなければいけない点もありました。

それは気の無い異性と気軽に2人で飲みや遊びに行かないこと。

人によっては「2人で会う=自分に気がある」と思う人もいるということです。

その辺の認識が私はできていなかったと思います。

 

 

 - 恋愛