異性としてみていない男友達に言い寄られたときの対処法

   

こんにちは、愛(@lovelabo_zz)です。

 

みなさんは、異性としてみていない男友達に言い寄られたことありますか?

 

ある方はわかるかと思いますが、異性としてみていない相手から言い寄られたときほど困ることはありませんよね。

 

「友達関係を壊したくない」、「これからどうやって接していいのかわからない」、「断りたいけどなんて言っていいかわからない」

 

いろいろなことが頭を駆け巡ると思います。

 

相手との関係性もあると思いますが、いろいろなパターンに沿った断り方を今日は書いていきたいと思います。




異性としてみていない男友達に言い寄られたときの対処法

フェードアウトする

 

不誠実なやり方ですが、普段からそこまで仲がいいわけでもない相手からの好意を感じる場合は、フェードアウトしちゃいましょう。

 

そこまで仲がよくない場合は、フェードアウトしたところで関係性が崩れることもないですし、気まずくなることもありません。

 

そもそも、普段から仲良くしてるわけでもない相手が言い寄っている場合は、怪しいです。

 

自分の男としての魅力をあなたを利用して試しているか、ただ単に誰でもいいから彼女が欲しいという可能性が高いです。

 

そんな失礼な男はこちらから願い下げしましょう。

 

「ダメダメ、あなたとは友達だから」とライトに断る

 

これは、以前、私が大人の関係のお友達に告白されたときに言った言葉です。

 

こちらは、大人の関係のお友達としか思っていないのに告白されたら困りますよね。

 

諦めてもらうためにも「あなたとはこれ以上の関係になるつもりはありません」と態度で伝えていきましょう。

 

自分の気持ちを正直に伝える

 

これが一番誠実で確かなやり方でしょう。

 

本当の友達であれば、正直な気持ちを伝えればわかってくれるはずです。

 

告白されたことによりあなたも彼のことが気になりだして、結果的に付き合うことになる可能性もあります。

 

ぞんざいに扱わず、とりあえず丁寧に対応してみるのもありです。

 

他に好きな人がいると伝える

 

他に好きな人がいてもいなくても使える断り方です。

 

他に好きな人がいると言われたら、諦めるしかないでしょう。

 

それでも一途に好きでいてくれる場合は、よっぽどあなたのことが好きなので、少し考えてあげてみるのもありじゃないでしょうか。

 

忙しくて彼氏を作る余裕がないことを伝える

 

この断り方は、建前感が強いですが、直接的に言って相手を傷つけるのが怖い場合は、このように遠まわしに好意がないことを伝えるのもありです。

 

「忙しい」といっているのに、しつこく言い寄ってくるようでしたら、そもそも思いやりのない人なので、断って正解ということになります。

相手との関係を見極めてから答えを出す

「異性としてみていない男友達」とひとくくりに言っても、仲の良さやどれくらい異性として見ていないのか(例えば、言い寄られるのも嫌なのか、友達でいたいのか、今後付き合う可能性があるのか)、といろいろなパターンがあるので難しいですよね。

 

相手が自分にとってどういう存在なのかを一度確かめてから答えを出すのがよさそうです。

 

↓↓↓更新情報はこちら↓↓↓

 

 - 恋愛