必ずしも脈なしとは言えない!LINEを返さない男性の心理。

   

こんにちは、愛(@lovelabo_zz)です。

 

あなたは、好きな人からなかなかLINEが返ってこなくてモヤモヤしたことはないですか?

 

私は、あります。

 

特に、中学高校のころは、恋愛に突っ走っていたので、何回もセンター問い合わせをしていました。

 

今時の中高生は「センター問い合わせ」と言われてもわからないかもしれませんが、私が中高生のころは、まだガラケーで、メールしかありませんでした。

 

メールの返事が届かないときは、よくセンター問い合わせをして、メールが途中で止まっていないかを確認したものです。

 

この辺の話はどうでもいいのですが、このように好きな人からLINEが返ってこないと不安な気持ちになりますよね。

 

今日は、好きな男性からLINEが返ってこないときの男性心理について書いていきたいと思います。



<スポンサーリンク>

LINEを返さない男性の心理

忙しいから

 

仕事やプライベートで、忙しいということが考えられます。

 

いくら好きな人とのLINEでも、仕事やプライベートで余裕がなければ、返せないときもあります。

 

よく、「女性は一度に複数のことができるけど、男性はできない。」と言いますよね。

 

「自分は忙しいときでも返すのに・・・」と思う人もいるかもしれませんが、彼は、仕事やプライベートでいっぱいいっぱいで返す余裕がないのかも。

 

LINEで気持ちの大きさを表現する人ではない

 

相手のことが好きで、相手も自分に対して好意がありそうだったのに、LINEがあまり続かない、返ってこない、なんでだろう?と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、彼は、あなたが思っているほどLINEに執着していないのかも。

 

実際に会って話せれば十分と考えており、そこまでまめにLINEをする人ではないのかもしれません。

 

会った時普通に接してくれるのなら、そこまで気にしなくていいと思います。

 

LINEが好きではない

 

いつの時代も文章でのやりとりが好きではない人はいます。

 

特に男性は、そのような人が多いのではないでしょうか。

 

相手の顔も見えないし、わざわざ文を送るのも面倒。話すなら会って話すのが一番と考えているのです。

 

そういう相手には、LINEを頻繁にすると迷惑がられてしまうので、LINEは控えて、直接話すようにしましょう。

 

返事に困る内容だから

 

相手にとってどうでもいいような情報や答えづらい質問だとLINEが返ってこないかもしれません。

 

私も学生時代、好きな人とのメールに舞い上がりすぎて、無理やり両想いであることを確認しようとしていました。

 

当時の好きな人は、優しくリアクションしてくれましたが、中にはそんなことされたら引いてしまう人もいます(というか普通引くと思いますが(笑))。

 

私のような黒歴史を作らないためにも彼を困らせないためにも、相手が反応に困るLINEは送らないようにしましょう。

 

会話が終わったと思っている

 

あなたからの返事をみて、「これは、返信しなくてもいいかな。」と思っているパターンです。

 

特に会話を続ける用事もなく、ひと段落してしまったら、そこでLINEを終わる。

 

女性は、他愛もない話をすることができますが、男性は他愛もない話を続けることは苦手です。

 

もし、LINEを続けたいのであれば、あなたから話題をふるなど、会話を続ける努力が必要かもしれません。

 

駆け引きをしている

 

好きな人にはすぐに返事を返したくなりますが、相手に好意を悟られないためにもそこはあえて返事を遅らせます。

 

返事を遅らせることで自分の気持ちを悟られないようにしているのです。

 

また、返事を遅らせてあなたを不安にさせることで好意を確かめている場合もあります。

あなたに興味がないから

 

あなたが相手のことを好きでも相手がそうでない場合もあります。

 

一方的な想いでLINEを続けていると、相手に「面倒だな」と思われて、スルーされてしまいます。

 

スルーするということはあなたに対して「興味がありませんよ。」というアピールなので、何回か送ってもスルーされるようであれば、潔く諦めて次に行きましょう。

 

まとめ

 

男性と女性では、考え方が違うのでLINEがスルーされる場合は、男性の立場にたって考えてみましょう。

 

そうすると、そんなに落ち込む必要もなくなるかもしれません。

 

明かに相手が冷たい場合やスルーされる場合は諦めたほうがいいですが、そうでない場合は、少しひいて待ってみることも大切です。

 

焦って、不安をぶつけることだけはしないようにしましょう。

 

↓↓↓更新情報はこちら↓↓↓

 - 恋愛