恋人に依存せず、ひとりで生きていける女性でありたい

      2017/09/19

こんにちは、愛(@lovelabo_zz)です。

 

私は今、同棲している彼がいるのですが、もう2年くらいの付き合いになるので、そこそこ喧嘩もします。

 

喧嘩をすると、衝動的に「もう別れた方がいいのかな。」とか考えてしまうのですが、同時に、「今彼と別れたら、私はひとりで生きていけるのだろうか?」ということを考えます。

 

一緒に住んでいるので、お金の問題や引っ越しの問題など、物理的な問題ももちろんあるのですが、「精神的に今更ひとりになれるのだろうか?」という問題が一番深刻かと思います。



<スポンサーリンク>

ひとりで生きていくには、自立が必要

なんか、あたりまえのことを言ってるだけのパッとしない見出し(笑)

 

あたり前なんですが、ひとりで生きていくには、精神的な自立経済的な自立が必要になってきます。

 

「自分は精神的にも経済的にも自立しているだろうか?」と考えたときに、精神的自立はわかりませんが、経済的自立は確実にしていません。

 

私の月の収支

 

 

収入:約10万円(週3アルバイト)

支出:【家賃】3.5万円(7万円を彼と折半)

【食費】彼と折半

【デート代】彼持ち

【携帯代】約12,000円

【水道光熱費】彼と折半

 

 

このように、彼の折半と彼持ちでほぼ成り立っているので、今別れたらひとりで生きていくのは不可能といえるでしょう。

 

ひとりになったとして、精神的自立ができるか想像してみる

精神的自立はしているかわからないと言いましたが、出来そうな気もするし、出来なさそうな気もするので、それぞれの理由を挙げてみます。

 

 

出来そうな理由

  • 彼と付き合う前は、1年半ほどフリーだったことがあり、ひとりの楽しさも知っている
  • マイペース

 

 

出来なさそうな理由

  • 友達がいないので、遊び相手がいなくなる
  • 話すのが好きなので、日々の話し相手がいなくなる
  • 嫌なことがあったときに心の支えがなくなる

 

元々、友達がいなくて、フリーのときは一人で過ごしていましたし、マイペースなので、自分のしたいことをしたいときにして、行きたいときに行きたいところに行っていました。

 

彼といい感じになったときも「今更誰かと付き合ってうまくやっていくことなんてできるのだろうか?」と考えたくらいひとりを満喫していたので、一人でいることに苦痛を感じるというタイプではないと思います。

 

じゃあ、なぜ、「ひとりで生きていけるのか?」という不安が生まれるのかというと、彼と一緒に過ごす幸せを知ってしまったからなんですよね。

いや、のろけとかじゃなくて、真剣に。

 

彼と付き合うまでは、「ひとりでも楽しい~♪」と思えていたことが、彼と付き合ってからは、「もっと楽しい~!」「幸せ♡」が加わってしまったから。

 

例えば、フリーのときは、ラーメン屋に行って、ラーメン食べられたから満足。

だったのが、彼と付き合ってからは、場所や目的に関係なく、「彼と一緒だから楽しいし幸せ♡」に変わったのです。

 

この幸せを一度味わってしまうと、なかなか抜け出せないですよね。

 

成金が贅沢をやめられないのと一緒です。

 

よく、「思い出が忘れられなくて辛い。」とかいいますが、ぶっちゃけ思い出なんていうものは、時間が解決してくれます。

 

しかし、「幸せ」が心にじんわりとしみわたる感覚は、ある種中毒のように癖になり、味わえなくなったときに悶々とするという恐怖があるのです。

 

思い出を忘れるのは簡単でも、幸せを忘れるのは難しい。

ひとりになってしまったときの策を考える

今は、彼と円満で、別れる気配なんてないのですが、もし、ひとりになってしまった場合を考えてみます。

 

人間、いつひとりになるかわからないですし、彼とずっと一緒でもひとりで生きていける状態にはありたいと思うのです。

 

経済的に自立する方法

経済的な面でいったら、自分だけでなく、彼や自分の家族も養えるくらいの稼ぎは欲しいと思っています。

 

多すぎじゃない?と思われるかもしれませんが、家族全員がうつになって働けなくなる場合もあります。

 

極端な考えかもしれませんが、私自身がパニック障害であるということもありますし、極端に考えるくらいには用心深くありたいと思うのです。

 

・ブログ・アフィリエイトで稼ぐ

私は、今ブログ・アフィリエイトをしています。

 

パニック障害で、なかなか会社勤めが難しいなと思っているので、人と関わらず、マイペースにお金を稼げる方法を選びました。

 

アフィリエイト・ブログは青天井なので、会社勤めをするのとは違って、いくらでも稼ぐことができ、自分だけでなく、彼や家族を養えるくらいの金額を稼ぐのも夢じゃありません。

 

いろいろと難しいことはありますが、現在、たった少しでも、収益が発生していますので、続けて頑張っていきたいと思います。

 

精神的に自立する方法

・今のこの状況は幸せなことであり、ひとりでいるのが普通と自覚する

今の幸せが当たり前になっているから、ひとりになったときに辛い思いをするのだと思います。

 

今の幸せは恵まれているだけで、ひとりで楽しめる自分が当たり前ということを忘れてはいけない。

 

ひとりになったときに「辛い」ではなく、「幸せから普通に戻った。」と考えると、少しは辛さが和らぐのではないかなと思います。

 

まとめ

経済的な自立は稼いでしまえばできることなんで、簡単と言えば簡単な気がします。

 

しかし、精神的自立は自分との闘いになるので、こうやって簡単に言ってみたものの実際に上記のようにできるかって言われたら正直自信ないですよね(笑)

 

相手に依存するのは簡単ですが、離れるのは難しいです。

 

相手がいい人であればいいですが、DV男とかだったら、離れたいのに離れられないみたいな最悪な状態に陥ってしまいます。

 

いつだって自分を守れるのは自分なので、いつなにがあっても自分を守れるように自立って大切だなと思いました。

 

↓↓↓更新情報はこちら↓↓↓

 - 恋愛